障害福祉事業サポートセンター

放課後等デイサービスの指定基準

指定基準の概略

 放課後等デイサービスに係る指定通所支援(指定放課後等デイサービス)の事業は、幼稚園・大学を除く学校に就学していて、従業終了後又は休業日に支援が必要と認められた障害児に対して、生活能力の向上のために必要な訓練を行い、社会との交流を図ることができるよう、障害児の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて適切かつ効果的な措置及び訓練を行う。


人員基準

従業者 指導員又は保育士 指導員・保育士の合計数が以下の区分に応じてそれぞれ定める数以上(1人以上は常勤でなければならない)
① 障害児の数が10人までのもの
  2人以上
② 障害児の数が10人を超えるもの
  2人に、障害児の数が10をこえて5又はその端数を増すごとに、1を加えて得た数以上
児童発達支援管理責任者 1人以上
機能訓練担当職員 指定放課後等デイサービス事業所において日常生活を営むのに必要な訓練を行う場合は置かなければならない


設備基準

 ①指導訓練室のほか、指定放課後等デイサービスの提供に必要な設備及び備品等を設けなければならない
 ②指導訓練室は、訓練に必要な機械器具等を備えなければならない
 ③設備及び備品等は、専ら当該指定放課後等デイサービスの事業の用に供するものでなければならない。ただし、障碍者の支援に支障がない場合は、この限りでない

↑このページのはじめに戻る