障害福祉事業サポートセンター

サービス利用支援と継続サービス利用支援に分かれる

サービス利用支援

 サービス利用支援とは、障害者等の心身の状況、その置かれている環境、当該障害者等又は障害児の保護者の障害福祉サービス又は地域相談支援の利用に関する意向その他の事情を勘案して、利用する障害福祉サービス又は地域相談支援の種類及び内容その他の厚生労働省令で定める事項を定めた計画(サービス等利用計画案)を作成し、支給決定、支給決定の変更の決定、地域相談支援給付決定又は地域相談支援給付決定の変更の決定が行われた後に、指定障害福祉サービス事業者等、指定一般相談支援事業者その他の者との連絡調整その他の便宜を供与するとともに、当該支給決定等に係る障害福祉サービス又は地域相談支援の種類及び内容、これを担当する者その他の厚生労働省令で定める事項を記載した計画(サービス等利用計画)を作成することをいう。


継続サービス利用支援

 継続サービス利用支援とは、支給決定を受けた障害者若しくは障害児の保護者又は地域相談支援給付決定を受けた障害者が、支給決定の有効期間又は地域相談支給給付決定の有効期間内において継続して障害福祉サービス又は地域相談支援を適切に利用することができるよう、当該支給決定障害者等又は地域相談支援を給付決定障害者に係るサービス等利用計画が適切であるかどうかにつき、厚生労働省令で定める期間ごとに、当該支給決定障害者等の障害福祉サービス又は当該地域相談支給給付決定障害者の地域相談支援の利用状況を検証し、その結果及び当該支給決定に係る障害者等又は当該地域相談支援休決定に係る障害者の心身の状況、その置かれている環境、当該障害者等又は障害児の保護者の障害福祉サービス又は地域相談支援の利用に関する意向その他の事情を勘案し、サービス等利用計画の見直しを行い、その結果に基づき、便宜の供与を行うこと。


人員基準

従業者 指定特定相談支援事業所ごとに専らその職務に従事する相談支援専門員を置かなければならない。ただし、指定計画相談支援の業務に支障がない場合は、当該指定特定相談支援事務所の他の職務に従事させ、又は他の事業所、施設等の職務に従事させることができる
管理者 指定特定相談支援事業所ごとに専らその職務に従事する管理者を置かなければならない。ただし、指定特定相談支援事務所の管理上支障がない場合は、当該指定特定相談支援事業所の他の職務に従事させ、又は他の事業所、施設等の職務に従事させることができる


↑このページのはじめに戻る